住宅ローン① 返済表を作ってみよう!!

住宅は、多くの人にとって一生に一度の大きな買い物です。
どんな家を建てようか?
どんな家具を置こうか?
そこで家族とどんな生活を送ろうか?
そんなことを考えるのは、とても楽しいものです。
でも、同時に、住宅ローンという大きな借金を抱えることに、不安をおぼえる方も少なくありません。

私自身も、今から約12年前に返済期間35年の住宅ローンを組みました。
自営業主である私は、一般の皆さん以上に「ちゃんと返していけるのだろうか?」という不安を抱えていました。

そんな不安を少しでも軽減するためには、不安の源である住宅ローンの正体を理解することが大切です。

では、住宅ローンの正体とは何でしょうか?
年収の何倍もの借金?
35年に渡って続く月々の支払?
銀行に取られる利息の塊?
・・どれも間違いではありませんが、
このような捉え方では、不安が大きくなるばかりです。

私が思うに、住宅ローンの正体を理解するための一番の近道は、返済表をつくることです。
返済表を自分で作ることができれば、
毎月の返済額がいくらなのか?
返済額の内、利息と元本はそれぞれいくらなのか?
金利が上がったら月々の返済額はいくらになるのか?
10年後の残高はいくらなのか?
60歳のときの残高はいくらなのか?
などが全てわかります。

そして、返済表を作るために必要な情報は、
①借入金額
②返済期間
③金利
④返済方式(元利均等か元金均等か)
の4つだけです。

もう10年以上前になりますが、
返済表を作るために私が作成したエクセルファイルを皆さんにご提供します。
元利均等返済のみの対応ですが、借入金額、返済期間、金利の3項目を入力するだけで、簡単に返済表を作成できます。
繰上返済の効果も試算できるようになっています。

是非、様々なパターンの返済表を作成してみて、住宅の資金計画、返済計画の検討にお役立て下さい。
返済表の詳しい解説は、改めて別の記事でアップしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です